ワイン・チュートリアル

ワインの主な産地

初心者におすすめ!飲みやすいワイン

ワインに合うおつまみについて

ワインは国内でも多くの産地で

日本全国で造られているワイン

お問い合わせ

ワイン・チュートリアル

ワインで美容対策

美味しいワインは生育に適した土壌や気候が重要で、平均年間気温は10℃〜20℃、夏には日照時間が十分になければいけません。
フランスは世界で流通するワインの20%を生産しており、品質がトップクラスです。ブルゴーニュやボルドー、シャンパンなど地方によって個性があり、同じフランス産でも違った味わいを見せるため購入者が多いです。
ドイツは甘くてフルーティな白ワインの産地です。ライン川の回りにぶどう畑が広がっています。リースリングという品種は収穫時期によって分けて醸造するので、味わいも違います。
イタリアもフランスと並ぶトップクラスの産地です。気候に恵まれており、全国土で生産できます。
主な生産地はトスカーナやヴェネトです。輸出量が増加傾向になるのは、スペインです。カタルーニャやリオハ、アンダルシアなどで生産数が伸びており、バルセロナ近郊ではリーズナブルな価格でスパークリングワインが提供されています。
オーストラリアはヨーロッパの移民によっておよそ200年前にぶどうの栽培が広まりました。オーストラリアの風土もぶどうの栽培に適しているので、安定して良質なぶどうを収穫できます。
最近は品質面の高さも注目されています。

ワインで美容対策

ワインを飲むことで美容効果を得ることができます。
ワインを飲みながら美容対策をすることができる利点には次のような理由があります。
白ワインはカリウムの栄養素のおかげでむくみの解消に役立つ効果が期待できます。
カリウムは利尿効果があるので溜まった老廃物の排出を手助けしてくれるのです
また殺菌作用もある白は腸内環境を整える役割にも効果的に働いてくれます。
赤ワインはポリフェノールが豊富に含まれており抗酸化作用があるのが特徴です。
シミやくすみの原因となる活性酸素の働きを抑制してくれますので、アンチエイジング対策に有効です。
しかしいくら健康や美容に良いといっても過剰な摂取はお酒なので配慮する必要があります。
どれくれいの量が適切な摂取量なのかを把握して飲むことで赤、白の持つ効果的な働きの恩恵を受けることができます。
グラス2杯が程度が効果的な量としてあげられます。
食事とともに摂ることで、空腹時に摂るのと比べアルコールの吸収が抑えられます。
ですのでお酒の良い面を引き出すことができます。
くれぐれも飲みすぎには注意してメリットを有効に得られるように摂取するときは注意し、効果別に色を選択して美容対策を行ってください。

Favorite

ロレックス シードゥエラー 買取

ボート免許 大阪

福岡で注文住宅を建築する

2017/8/4 更新